リアルじゃない!

【 アニメやゲームなど、仮想世界について気の向くままに書き連ねるサイトです 】
author:桜沢 可菜

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対するコメント:
はじめまして!!
うちのアスラン(←ヲイ)をこんなにフォローしてくださって、ありがとうございます。
私はアスラン好きですが、あの部分は本当に不可解だったので、まとめていただいて、すっきりしました。

しかも、こちらのブログ様は・・・ミーアに優しい(うう・・涙)
しかもミーアかわいい!!(うう・・・号泣)

ミーアかわいいよミーア!最高です。

(・・ってあ、この記事はアスラン関係だったのに、ミーア叫んじゃった。)』
可菜 『
はじめましてー。こんな辺境の地へようこそです^^

>アスラン
実は本編見たときは「あー、ちゃんとシンのことも思い出してる。偉い偉い」としか思ってませんでした(^^;
アスランはほんと、いい男ですね。ミーアのこと、忘れないでいてください……。
でももしミーアが不幸な死に方して、次回作(があるとして)でニコルの回想を彷彿とさせるくらいミーアのこと回想しまくったら……と思うと辛い!(気が早い

>ミーア
もう、ミーアのためだけにここ立ち上げたようなもんですから!
ミーアいいですよねー。もう、どこでも叫んでください(笑)
このblogは最後までミーア応援し続けます!

あ、あとリンク貼っちゃいました。
まずかったらご連絡くださいませー。すぐ外しますので』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/20-8745173b

アスラン・ザラ

第39話「アスラン復活」(違)を見終え、いくつかのサイトを巡り。
回想王アスランについて、腑に落ちないと思われているシーンがあった。
今回はその点について、考察してみたい。
例によってネタバレを含むので、第39話まで視聴済みでない方はご注意を。
さて問題のシーンとは、アスランとカガリの対話のラスト。
回想王の名に恥じないアスランは、最後の台詞の前にシンを思い出していた。
なぜここでシンが出てくるのか?

まずはその直前、カガリの台詞を見てみる。

みんなそうしたくってそう言ってるのに、なんでそうならないんだろう?
やっぱり、ロゴスのせいなのか?
しょうがないのかな。もう、本当に……。


「そうしたい」「そう言ってる」の内容は、その前のアスランの台詞にある通り、
戦争になるのを止めたかった
で間違いないだろう。
「みんな」には、実に多くの人物が含まれる。
アスラン、キラ、デュランダル、セイラン親子。その他諸々。
誰もが戦争に対して否定的な発言をしていながら、戦争は続いている。
どうして戦争はなくならないのかと、カガリは問いかけている。

その続きをどう読み取るかで変わってくるわけだが……
(1) 戦争がなくならないのはロゴスのせいなのか
(2) だとすれば、オーブは討たれるしかないのか
こう読み取るのがよいのではないだろうか。
ロゴスが悪で、ロゴスが滅びない限り戦争がなくならないなら、ロゴスと接点のあったあらゆる国は否定されなければならない。
最低限、現政権は解体し、ロゴスと無縁のものが政権を握らない限り、国民が納得しないだろう。

現在オーブを導いているセイラン家とロゴスの繋がりは、おそらくよほど深いのだろう。
第34話のセイラン親子の会話を聞いていても、カガリの台詞を聞いても、それは間違いないと思われる。
セイラン家は、ロゴスと手を切ってデュランダルと組むという選択肢を取れないほど、深い繋がり。
それをカガリは知っていて、オーブはデュランダルと敵対すると危惧しているのではないか。
「しょうがないのか」は、戦争はしたくないがデュランダルとは戦わざるをえないのかと捉えるのがよさそうである。

それに対して、アスランは否定した。
いや、そんなはずはない……絶対に!
否定ではあるが、むしろこれは願望であり、そうはさせないという強い意志表明と取るべきではないだろうか。
「しょうがない」とは、「どうあがいても変えられない」=「運命として定められたもの」と読める。
だがアスランは、その図式をこそ否定したいのだ。
まだ変えられる、と。

そしてデュランダルと戦うということは、すなわちシンと戦うということでもある。
シンと戦わなければならないと、運命で定められているとは思いたくないのだ。
お互いの理想が違っていて、それゆえに戦わざるをえないなら、それは仕方のないことかもしれない。
だがアスランは、シンは本当はオーブが好きだと信じている。
シンは戦争をしたいのではなく、平和がほしいだけであることを知っている
目指す先は同じなのだ。
戦場で撃ち合わなくてもいいはずだ。
殺し合わなければいけないなんて、そんなはずはない
アスランがシンを回想した理由は、そのあたりではないだろうか。

以上、39話に絞って考えてみたが、いかがだろうか。
ツッコミその他、大歓迎。
スポンサーサイト
Comments:(2) |Trackback:(0

この記事に対するコメント:
はじめまして!!
うちのアスラン(←ヲイ)をこんなにフォローしてくださって、ありがとうございます。
私はアスラン好きですが、あの部分は本当に不可解だったので、まとめていただいて、すっきりしました。

しかも、こちらのブログ様は・・・ミーアに優しい(うう・・涙)
しかもミーアかわいい!!(うう・・・号泣)

ミーアかわいいよミーア!最高です。

(・・ってあ、この記事はアスラン関係だったのに、ミーア叫んじゃった。)』
可菜 『
はじめましてー。こんな辺境の地へようこそです^^

>アスラン
実は本編見たときは「あー、ちゃんとシンのことも思い出してる。偉い偉い」としか思ってませんでした(^^;
アスランはほんと、いい男ですね。ミーアのこと、忘れないでいてください……。
でももしミーアが不幸な死に方して、次回作(があるとして)でニコルの回想を彷彿とさせるくらいミーアのこと回想しまくったら……と思うと辛い!(気が早い

>ミーア
もう、ミーアのためだけにここ立ち上げたようなもんですから!
ミーアいいですよねー。もう、どこでも叫んでください(笑)
このblogは最後までミーア応援し続けます!

あ、あとリンク貼っちゃいました。
まずかったらご連絡くださいませー。すぐ外しますので』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/20-8745173b
TOP

copyright © 2005 Kana Owsawa.
mailto: unrealcompass.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。