リアルじゃない!

【 アニメやゲームなど、仮想世界について気の向くままに書き連ねるサイトです 】
author:桜沢 可菜

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対するコメント:
Aten 『
可菜さま、こんばんはー。
ミーアへの想いがものすごいボリュームになってますね、愛ですね。(^^)
来週もあるので、まだ追悼気分にはぜんぜんなれないでいますが。
今回はたしかにつっこみどころ満載でしたが、気になるところもあったので書いてみます。

ラクス様ご一行は最初からめちゃめちゃ尾行されてましたよね、それもオープンカーだし。なので、呼び出した場所へ4人で向かったことも事前にバレバレだったかも知れないです。
気になったのは、サラ嬢はサイレンサー付きのスナイパーライフルを使っていたことです。
そうすると、Aプランは騒ぎを起こすことなくピンポイントでラクスを狙うことだったという推測もできます。でも、初弾をはずして見つかってしまったので、Bプラン「やっちまいな~!」に変更。(この落差はなに?)で、もう一人スナイパーライフルをかまえていた黒服がいたのに逃げたあと描写は放置で不明。
サラ嬢の手下たちはみんなサブマシンガン(またはアサルトライフル連射)で、いまいち精鋭部隊とは思えない動きだし、ほんとに下っ端で捕まえても何の情報も出てこないんじゃないかという感じでした。(サブマシンガン=下っ端のイメージ)きっと議長とのつながりなんて出てこなさそう。
あの中ではサラ嬢がリーダーでいちばん戦闘能力が高かったのかなあと思います。ハンドグレネードで吹き飛ばされても意識あるなんて、サイボーグですかサラさん!そりゃあだれも予想しなかったわけだと言えなくもないですが。
でも、ハンドガンで、あんな体勢で、あの距離で、あんなに腕がプルプルしてて命中するはずがないぞ!と言いたいので、ミーアは不幸にも流れ弾に当たっちゃったような気がしてならないです。なんとなーく、サラ嬢とラクスの射線上をはずれたところで撃たれてるように見えたものですからよけいにね、もしかしたら、誰にも当たらなかったかもと。。。
とまあ、こんなふうに見えちゃったたので、さらに複雑な気持ちになりましたです。

来週、ミーアざんまいな、素敵なエピソードになるといいですね。』
可菜 『
Atenさんいらっしゃいませ。

>ミーアへの想いがものすごいボリュームになってますね、愛ですね。(^^)
えーもう、書き出したら止まらないです。まだ別記事書いてます(笑)
ちょっと手が止まってて、アップがいつになるかはわかんないですけれど……。

>来週もあるので、まだ追悼気分にはぜんぜんなれないでいますが。
死んでから名前付きの話が来る、っていうのもすごいですよね~。
ミーアの見せ方に期待してます。頑張れスタッフ!

>捕まえても何の情報も出てこないんじゃないか
おそらくそういう人材を議長が用意させたのではないかと。
議長はこの作戦が失敗する可能性も考慮してると思いますので。
想定外なのは、別のコメントにも書きましたけれどやはりミーアのディスクでしょうね……。

>サラ嬢がリーダーでいちばん戦闘能力が高かった
それはそうだと思いますよー。狙いも正確でしたし。トリィがいなかったら成功していたかもしれません。
グレネードは……爆発地点がやや遠かったから、と思っておきましょうかね(^^;

>不幸にも流れ弾に当たっちゃった
確かにあんな状態では、正確に急所は狙えないですよね~(^^;
当たりはするかもしれませんが。近いし。
でも庇わなかったらラクスにも当たらなかったかも、と思うとあまりに哀しいので、そう考えないようにしようと思います……(^^;

>来週、ミーアざんまいな、素敵なエピソードになるといいですね。
期待してます! でもそれと同じくらい、本編ちゃんと進めてほしいです!(^^;
だもんで、実時間は短くてもいいから印象的な演出になることを祈ってます』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/37-4e0d96a2

ミーア・キャンベル第14回

前回は46話に不満を感じた点の1つめについて書いた。
今回はもう1つの不満点について書いてみたい。
作品のテーマを背負って死ぬのが、ミーアであったこと。
それが、管理人にとってのもう1つの不満だった。

第12回にも書いたが、自由・自立の長所を担うキャラは今後出てくると踏んでいる。
そしてそれはおそらくシンだ、とも。
もしそうであるなら、どうしてもすっきりと満足はしきれない。
シンは、好きだ。彼にもぜひ幸せを掴んでほしいと思っている。
だがミーアがダメでシンならOK、という筋書きは、哀しい。
そうなると、結局は力がなければ生きて幸せを掴むことはできないという結論に辿りつきかねないからだ。

ミーアは、この作品のメインキャラの中でもトップクラスに力を持たない存在だった。
そんな中で、彼女は幸せになろうと努力し続けていた。
ラクスの役を得ることで一足飛びに栄光を得はしたものの、それとて努力なしに得られたものではない。
ラクスに見えるように、ラクスとして受け入れられるように。
彼女がしてきた努力は、他の誰に劣るものでもない。
そしてそうしてまで得た栄光は、本人が一番よくわかっている通りの虚像であり、一時的なもの。
彼女が選んできた道は、そういう道だった。

最期にラクスに託した写真。
あれは、誰が写したものだっただろう?
手の位置からして、セルフ撮りではない。写してくれた「誰か」がいるはずなのだ。ミーアであった頃に。
彼氏かもしれない。友達かもしれない。少なくとも、ただの通りすがりではないだろう。
その人物は、今どうしているのか?
ミーアがここまで気を許して、笑みを向けられる相手。
もしその人物が普通に生きていて、ミーアとの友好を維持しているのなら、ミーアはラクスとしての道を選ばなかったのではないか。
だとすれば、その人物とは既に死別、あるいは縁が切れてしまっている可能性が高い。

ミーアは迷い、苦しみ、たくさんのものを失って、なお幸せになりたいと生きてきた。
その果てに得られたものが、死の間際の一瞬の幸せだけなのは、あまりに切ない。
戦って、生き残れる人間でなければダメなのか。
幸せになろうとあがく力なき存在は、生きて幸せにはなれないのか。

その問いにスタッフがYesと答えるのなら、もう言うことはない。
だが、そうではないと管理人は信じている。
だからこそ、死ぬ役としてミーアをあてたのが不満でならない。

ミーアは力を拒否したわけではない。
平和に生きる一市民として、学ぶ機会がなかっただけだろう。
そして46話でのミーアの決断は、戦場に赴いたりする道でもない。
そこで力がないからと殺されてしまうのは、どうなのか。
そう思わせてしまう展開は、どうなのか。

続きます。=> ミーア・キャンベル第15回
スポンサーサイト
Comments:(2) |Trackback:(0

この記事に対するコメント:
Aten 『
可菜さま、こんばんはー。
ミーアへの想いがものすごいボリュームになってますね、愛ですね。(^^)
来週もあるので、まだ追悼気分にはぜんぜんなれないでいますが。
今回はたしかにつっこみどころ満載でしたが、気になるところもあったので書いてみます。

ラクス様ご一行は最初からめちゃめちゃ尾行されてましたよね、それもオープンカーだし。なので、呼び出した場所へ4人で向かったことも事前にバレバレだったかも知れないです。
気になったのは、サラ嬢はサイレンサー付きのスナイパーライフルを使っていたことです。
そうすると、Aプランは騒ぎを起こすことなくピンポイントでラクスを狙うことだったという推測もできます。でも、初弾をはずして見つかってしまったので、Bプラン「やっちまいな~!」に変更。(この落差はなに?)で、もう一人スナイパーライフルをかまえていた黒服がいたのに逃げたあと描写は放置で不明。
サラ嬢の手下たちはみんなサブマシンガン(またはアサルトライフル連射)で、いまいち精鋭部隊とは思えない動きだし、ほんとに下っ端で捕まえても何の情報も出てこないんじゃないかという感じでした。(サブマシンガン=下っ端のイメージ)きっと議長とのつながりなんて出てこなさそう。
あの中ではサラ嬢がリーダーでいちばん戦闘能力が高かったのかなあと思います。ハンドグレネードで吹き飛ばされても意識あるなんて、サイボーグですかサラさん!そりゃあだれも予想しなかったわけだと言えなくもないですが。
でも、ハンドガンで、あんな体勢で、あの距離で、あんなに腕がプルプルしてて命中するはずがないぞ!と言いたいので、ミーアは不幸にも流れ弾に当たっちゃったような気がしてならないです。なんとなーく、サラ嬢とラクスの射線上をはずれたところで撃たれてるように見えたものですからよけいにね、もしかしたら、誰にも当たらなかったかもと。。。
とまあ、こんなふうに見えちゃったたので、さらに複雑な気持ちになりましたです。

来週、ミーアざんまいな、素敵なエピソードになるといいですね。』
可菜 『
Atenさんいらっしゃいませ。

>ミーアへの想いがものすごいボリュームになってますね、愛ですね。(^^)
えーもう、書き出したら止まらないです。まだ別記事書いてます(笑)
ちょっと手が止まってて、アップがいつになるかはわかんないですけれど……。

>来週もあるので、まだ追悼気分にはぜんぜんなれないでいますが。
死んでから名前付きの話が来る、っていうのもすごいですよね~。
ミーアの見せ方に期待してます。頑張れスタッフ!

>捕まえても何の情報も出てこないんじゃないか
おそらくそういう人材を議長が用意させたのではないかと。
議長はこの作戦が失敗する可能性も考慮してると思いますので。
想定外なのは、別のコメントにも書きましたけれどやはりミーアのディスクでしょうね……。

>サラ嬢がリーダーでいちばん戦闘能力が高かった
それはそうだと思いますよー。狙いも正確でしたし。トリィがいなかったら成功していたかもしれません。
グレネードは……爆発地点がやや遠かったから、と思っておきましょうかね(^^;

>不幸にも流れ弾に当たっちゃった
確かにあんな状態では、正確に急所は狙えないですよね~(^^;
当たりはするかもしれませんが。近いし。
でも庇わなかったらラクスにも当たらなかったかも、と思うとあまりに哀しいので、そう考えないようにしようと思います……(^^;

>来週、ミーアざんまいな、素敵なエピソードになるといいですね。
期待してます! でもそれと同じくらい、本編ちゃんと進めてほしいです!(^^;
だもんで、実時間は短くてもいいから印象的な演出になることを祈ってます』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/37-4e0d96a2
TOP

copyright © 2005 Kana Owsawa.
mailto: unrealcompass.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。