リアルじゃない!

【 アニメやゲームなど、仮想世界について気の向くままに書き連ねるサイトです 】
author:桜沢 可菜

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対するコメント:
神威 『
可菜さん、こんばんは。
やっぱり書かれてましたか・・・。予想通りですね。私の考察力もなかなかのもんでしょ。(笑)

さて、Sさんの所で、ダメ出しされてたので、ちょろっと言い訳を。

まず、47話にに呆れたのは内容ではなくその時期ですね。いくらどんな結末か分からないとはいえ相手が意志表示してから3話では短すぎるのではないかと・・・。視聴者に投げかけると言う手法もシェラさんと同意で納得できません。

内容自体は、リフレインなどよりよっぽどよかったと思います。普通のミーハーな女の子だったとがっかりされてる方もいますが、そんな子がこんな事に巻き込まれる方が、よっぽど悲しいことだと思いますし。

47話がもっと早い回にと言うのは、理屈でなく気持ちで感じたことです。可菜さんのいう批判は結末を見てからと言うのは同意ですし、自分もそうありたいと思っています。ただ私は自分の心に決めた事をつい破ってしまう弱い人間なのです。(苦笑)

現実の政治は持ち出さない。好きな野球チームが分からない初対面の人と野球の話はしないなど他にもありますが・・・、種デスの話以外でこれらは本気で討論になる可能性があると思います。もちろん管理人さんの趣味が分かって同じ話題が楽しく共有できるなら別ですが・・・。(でも守りきれてません)

だから、結末が分かるまでは批判しないは私も決めていたことなんです。もう破ってしまいましたが・・・。

私のコメントは結構 直感や感情によるものも多いです。人が見れば、落ち込んでるなとか苛ついてるなとばれそうで怖いですが、人のレスで心が晴れることも多々あります。だから、今回も悩んだ挙句書きました。

正直言うと、最初は可菜さんのあまりに冷静なコメントに違和感を感じてた時期もありましたが、ここに来ても変わらない姿勢にちょっと尊敬しています。いや、ホント ちょっとだけですけど。(笑)

これからも、「冷静な考察のK菜」VS 「直感のK威」の構図でよろしくお願いします。(笑)』
日記のくだりは私も判りますね。なるほどなと思います。
ちなみに今は公開前提のウェブ日記以外つけてもいませんが、結構昔長いことつけてまして、しかも一日分がレポート10枚くらいに及ぶ長文でした(やっぱりとか言うな・笑)。
私は思う存分内部に潜り込んで痛いことでもドつぼなことでも書くタイプ。しかもそれを何回も何日に渡っても読み返すという(爆)ある意味落ち込むことすら楽しむタイプでございます。今はともかく高校生大学生のころは「どんなに辛くても今が一番好き」と考えていた人間でもありました。
そんな私からするとミーアの気持ちは判るようでいてやはり判らない。書けなかった事情に踏み込むというスタンスは面白い見かただと思うのですが、可菜さんの考察どおりだとすると、ミーアは可愛いけれど私の理解しにくいタイプかもしれません。そしてミーアに関して言えばその見方は面白いけれど、アニメ全体から言えばやっぱりここに来て尺の取りすぎで、余裕のない今もっと始末をつけなきゃいけないことがあるんじゃないかと思ってしまうのは否めないのです。
ところで全然話違うんですが。
済みません。毎度可菜さんちのブログ、めっちゃ重たいんです。もうちっと軽くなるように壁紙変えていただくとかなんとかならないでしょうか^^;人様のブログに申し訳ありませんっ><こうやって書いてても、文字が出てくるのがすっごく遅いんですぅ;;それともこれってうちだけなのでしょうか?
小波 『
うちの方に戴いたコメントにレスする前にまずこちらに。
日記についての見解はとても頷けました。自分のブログの他の方のコメントのレスに私が書いた「自分を励ます意味での『ポジなことしか書かない日記』だった」という見方とほぼ同じと考えてよいんですよね?
しかし、視聴者は書かれなかったことやなぜ書かれなかったかについてを、そうそう踏み込んで読み取ってはくれないんですよね。愛がなければ。(笑)
結局、アスランの部屋に夜這いしたミーアの気持ちや、本物ラクスにシャトルを強奪されたときに驚愕ではなく忌々しげな表情だったことなど、私が知りたかったミーアの心情は視聴者それぞれの想像に丸投げされてしまった感じで、その受け取め方は多分、ミーアへの思い入れのあるなしで随分と落差があるのではないか思います。
そもそも、回想シーンだけ入れて心境は語られない、という描写の仕方がこの作品は常套的に使われていて、それがどうしても手段として成功しているようには見えないんですよね。
でも何よりも問題なのは上のお二方も言われているとおり47話でやる内容ではなかったということでしょう。そういう意味ではミーアは「種運命のヒロイン」だったということかもしれませんが、だとしたらやはりもう少し踏み込んだ日記であってほしかった。
ちなみに私も、どちらかというシェラさんと同じタイプです。(笑)

それからここの表示、たしかに遅いですねぇ。原因はよくわからないのですが、他所とは表示のされ方が微妙に違います(ゆっくりと波が押し寄せるような感じなんです。←なんちゅー表現?)。』
可菜 『
うわーいコメントたくさんだ。みなさんありがとうございます^^
えーと個別レスの前に。
blogが重いのは、IEが透過GIFの処理を苦手としているからと思われます。
Opera、あるいはFirefoxでは快適に表示されるはずですのでお試しを。
……というわけにもいきませんよね(^^;
改善を考えます。もうしばらくお待ちくださいませ。』
可菜 『
さてここからは個別レスをば。

神威さん>
>私の考察力もなかなかのもんでしょ。(笑)
くそぅ。ちょっぴりくやしいぞっ(笑)

>相手が意志表示してから3話では短すぎるのではないかと・・・。
全キャラに対して、納得の行く結末を描いてはほしいですよ?
それをやるのにはおそらく尺が足りませんし、だからもっと早くやってほしかったという思いはわたしもあります。

でも。
主人公は、シンです。
シンがデスティニープランを聞いて、知って、悩んで、結論を出す。
そこまで描かれれば、この作品としてはいいのかなと。
シンが決断した後のことは、ある意味後日談。
そういう展開なのであれば、あと3話「も」あります。
という考え方もありかなぁと……。

>人のレスで心が晴れることも多々あります。
えぇもう。blogなんてやってますと、反応があることがまず嬉しいんですよー。
神威さんみたいに、書いたことをしっかり読んだ上でレスしてくれるのは、ますます。
だから今後も是非よろしくです。

>ここに来ても変わらない姿勢にちょっと尊敬しています。
ふはははは、もっと尊敬したまい。苦しゅうないぞ?
……ごめんなさい調子に乗ってます(笑)
こんな管理人ですが今後ともヨロシク……』
可菜 『
シェラさんいらっしゃいませー。

>一日分がレポート10枚くらいに及ぶ長文でした
やっぱりー(お約束:笑)
しかし長文体質のわたしも人のことは笑えないのです(^^;
短くまとめる能力って、すごいですよねぇ……。

>ミーアの気持ちは判るようでいてやはり判らない。
難しいと思います。わたしもほんとにわかってるかと言われると、自信持ってYesとは言えませんし。
結局、想像するしかないんですよね。
でもそれは、作品内できっちり描写されていても、やっぱり同じなのかもしれません。
自分で感じられない痛みは、説明されても想像するしかないですから……。

>アニメ全体から言えばやっぱりここに来て尺の取りすぎ
正直、わたしも最初はAパートで終わるかなと思ってました(^^;
ミーアという一個人を通してのデスティニープランの明と暗を、綺麗にまとめたなとは思うんですけれどね。
テーマに偏りすぎで、キャラへの焦点の当て方が薄いなとは思います』
可菜 『
小波さんいらっしゃいませ。

>「自分を励ます意味での『ポジなことしか書かない日記』だった」という見方とほぼ同じと考えてよいんですよね?
はい、それでいいと思います。
あとは曲解として、デスティニープランの描写につながらない部分は、ラクスが読み飛ばしていたというのも……(笑)
さすがにそう理解するのは無理があるのでしませんけど(笑)

>視聴者は書かれなかったことやなぜ書かれなかったかについてを、そうそう踏み込んで読み取ってはくれないんですよね。
そうですね。わたしもミーアじゃなかったらさらっとスルーしてたかもしれませんし(^^;
そういうところは、投げっぱなしジャーマンな制作スタイルの欠点なのかもしれませんね。
逆に解釈が分かれるところが重要、という見方もあります。
何しろ、それがそのまま議長の言葉につながりますから。
「人は未だに人をわからず、自分を知らず……」
そういうのを拾い集めれば集めるほど、この作品って思いのほか奥が深いんだと感じるときがあります。
多分に好き嫌いがわかれるところですが(^^;

>もう少し踏み込んだ日記であってほしかった。
「書かれなかった部分」について、日記じゃない形式でフォローが入ったらよかったなぁ、とは思ってます。
30分(実質22分)の制約が厳しいものだというのはわかりますけれど、それはそれとして、ね』
Aten 『
こんばんは!
ご報告:うちは firefox も safari も IE も試してみましたが、大丈夫のようでーす。

絵日記、夢日記、未来日記、グチ日記、交換日記など、日記にもいろいろあるようですが、ミーアの残したファイルはいったい?
あのファイルのタイトルは「Progress Report」でしたね。私はこれをみて、ああ前進する自分を書こうとしていてるんだなと思いました。
「diary」じゃなく「report」としてるところからも、なぜかやる気や意気込みを感じてしまいます。「report progress」なら「経過、完了報告書」となるのですが。もしかして、報告したいと思える誰かがいたのかな?
それと、文章表示が1行ずつ出てたので、もしかしたらスタートレックの艦長日誌みたいに、音声入力、音声再生機能付きだったりして。でないとみんな視力良すぎだー、メイリン見えてるのぉ?とか思いました。あのテンションで再生。。。(汗)
ディスクには他にもファイルのアイコンが並んでましたが、ミーアの「Regress Report」なんてものはきっと無いと信じたいです。

おまけ、どうかゆっくりと(南無)
ttp://nankyoku.sakura.ne.jp/taneotoko/bbsnote.cgi?fc=thread&log=1200&res
可菜さんこんばんは。

ずっとこちらにお邪魔してご挨拶申し上げたいと思っていて、やっとコメントすることができました。わーい。

ミーア好き可菜さん、さすがですね。ミーアもこれを読んだら喜びそうです。

ちょっと記事の本文からはズレるのですが。

この日記がラクスたちの前に暴かれた理由は、ミーアの身元(アスランですら名前しか知らない)を調べるためだと思っておりました。
もちろん47話の意図は違うところにある(サブタイトルからして)のはわかっていますが。…この話を47話でやる必要があるのかどうかについては置いときます。

でなきゃ、ラクスたちは単なるノゾキ趣味に終わってしまうのでは?「この子の身元の手がかりになるものは何か無いだろうか…」などのセリフでフォローが欲しかったなとも思います。

ミーアの日記は「自分を鼓舞するための文章」という解釈、確かにそう考えるといいですね。「視聴者が知りたかったミーアの心情」とはだいぶ違っただけで。
きっとそれはミーア好きさんのフォローを待っていたからだと考えます。ミーアへの愛が求められた回ということで!』
可菜 『
Atenさんいらっしゃいませー。
safariですか。マカーですね!
Macは持ってないので不安だったんですが、ちゃんと見られてるようでよかったです。

>progress report
わー、見落としてました。ご指摘感謝!
自分でこのタイトルをつけたのなら、ネガとポジ両面がありそうですね。
diaryという単語から連想してしまう過去から目を背けようとするネガティブ面。
Atenさんのおっしゃるように、前に進もうと自分を鼓舞するポジティブ面。
どちらも含んでいそうで、奥が深いです。やるなスタッフ……。

報告する相手は、本編を見る限りいなそうですね。
あえて言うなら、ミーア自身なのかもしれません。
誰にも伝えられないからこそ、日記のように綴るしかなかった……。
聞いてくれる人が欲しかった、という意思の現れなのかも。

regressは……ないと信じたいです……。

>おまけ
見ました! 泣けます……。
ほんとにこの人のは着眼点も絵も文も素敵ですね。
ミーア可愛いよミーア!』
可菜 『
かなでさんいらっしゃいませー。
いつもお世話になってます。アーサー萌え叫んでてごめんなさい(笑)
ミーアはほんといいキャラでした。これからも記事書いていきたいです。

>ラクスたちの前に暴かれた理由
かなでさんのおっしゃる意図もあったと思います。
あとはAtenさんのご指摘の通り、タイトルが「progress report」だったとのことですから、議長の陰謀のミーア担当部分について記載があるのかも、と思った部分もありそうですね。
何にしても、もうちょっとフォロー欲しかったのは同意です。

>ミーアへの愛が求められた回ということで!
毎回、視聴者に優しくない番組ですよねー(笑)
しかしミーアファンとしては、そんな挑戦されたらあとには引けません!
ミーアいいキャラだよミーア!』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/44-9ea2d7c8

ミーア・キャンベル第20回

タイトルに名前まで載せてミーアの想いを流した第47話。
今回は日記のテンションにスポットを当てて考えてみたい。
当然ながら47話までのネタバレを含むので、視聴済みでない方はご注意を。
まず第一印象。
思った以上にテンションが高い。
他人に見せるのが前提のWeb公開日記と違って、これは個人のもの。
だからここまでテンションが高いとは、正直予想していなかった。
おそらく視聴者の大半がそう感じたのではないだろうか。

もっとも、だからといってミーアらしくないかというと、そうでもない。
というのも、日記が整形後から始まっているからだ。
整形を決意したミーアは、ラクスの代役という大きな仕事に熱意を燃やしている時期。
テンション上がるのも不自然な話ではない。

それからもう一つ。
ミーアは感受性が高く、影響を受けやすいタイプのようだ。
人間には大きく分けて、2つの傾向がある。
1つは、想いを文章にぶちまけて、すっきりして前向きになれるタイプ。
もう1つは、ぶちまけた文章を見て、それに引きずられるタイプ。
ミーアはおそらく後者寄りだと思われる。
「自分は必要とされていない」と文章に書くと、本当にそうだと思い込んでいっそう落ち込むタイプ。
だからこそミーアの日記はテンション高く、自分の心理状態にまで踏み込んでいないのだろう。
書けば書くほどより自分がみじめになっていく悪循環に、ミーアは気づいているのではないか。

そう考えると、思い当たる節はある。
今回の日記が、整形後から始まっていることだ。
ラクスは深く考えずに最初にあったものを見ているだろうから、日記の最初は整形後からと考えていいだろう。
では整形前の日記はないのか? という疑問にぶち当たる。
「ラクスの代役になったから日記を書こう」というのは、いささか唐突だ。
少なくともそれ以前から日記を書くという行為をしていた、ないし、していた時期はあったと思われる。
途中で挫折して削除した、あるいは別のファイルとして残してあるのかもしれないが。
いずれにせよ、例えば整形前を「日記1」、整形後を「日記2」といった感じのファイル名で保存していたわけではないだろう。
それならラクスも普通に「日記1」から読んでいるだろうから。

ではなぜ整形前の分を、目につかないようにしていたのか?
ここがポイントで、ミーアは整形前の日記を見たくなかったと考えられるのではないか。
誰にも必要とされないミーア時代を綴った文章。
それを読み直して鬱になった過去があったから、目につかないように消すなり別のところに移すなりした。
そう考える方が自然と思われる。
とすれば、新しく書き始めた日記がハイテンションで暗部に触れていないことも納得できる。
暗い文章を書いてそれに引きずられて落ち込む、という展開を恐れてのことだから。
そしてそう考えて日記全文を読み直すと、端々に自分に言い聞かせようとしている節がある。

典型的なのは、アスラン脱走後の一文。
もしかしたらそうなのかもしれないけど……でも絶対、そんなことない!
いくらアスランの態度が悪いからといって、デュランダルが銃を持った兵を送り込むのには違和感があったはずだ。
兵がやる気満々だとわかったから。
残っていたら、アスランが本当にヤバいと思ったから。
だから、ミーアもアスランの手を一度は取った。
けれど、一緒に脱走まではできなかった。
アスランに、ミーアは必要じゃなかったから。
ラクスとしてのミーアを、必要としてくれる場所があったから。
そして言ったのだ、ちゃんとやればいいと。
ちゃんとやれなかったら、殺されるかもしれない。
そんな思いも、確かにあったはずだ。
それを日記に書かないところが、実は重要なのではないか。
殺されるかもしれない。
殺されちゃう。
アスランと一緒に逃げればよかった。

もし日記に書いていれば、そんな後ろ向き一直線な後悔モードに突入していたかもしれない。
あるいはそうなったから、そのあとで書き直したのかもしれない。
いずれにせよ、書かないことこそがミーアにとって重要だったのには違いない。
デュランダルを正しいとすることが、重要だったに違いない。
自分を、自分のココロを、守るために。

もう一つ挙げておくと、アスランの死についても触れていない。
ミーアはアスランの乗ったグフが撃墜されたことを知っている。にもかかわらず、日記にはない。
これはアスランが死んだと書いた文章を見ると、その都度アスランを思い出してずぶずぶと沈んでいく自分を知ってのことではないか。
ミーアは自分の書く文章によって自分が傷つき壊れていくことを、さけようとしている。
意識しているのかどうかはさておき、それが文章に滲み出ているのではないだろうか。

書くことですっきりする人間にはわかりづらいかもしれない。
だが引きずられるタイプにとっては、せめてもの自衛策。
だったら日記なんて書かなければ、と思うかもしれないが、それはまた違う。
明るく書けば、明るい方向に引きずられる一面も確かにある。
そして日記だけは、自分が生きてきた証として唯一否定されない存在なのだ。
そこに拠り所を求めてしまうのは、ある意味弱さとも言える。
けれどそこを理解できれば、そういった人間をより深く知ることができるのだと思う。

今回、ミーアの描写を「薄い」と感じた人は多いようだ。
しかし書かれたことだけに注目せず、書かれなかったことと、なぜ書かれなかったかにも注目してほしい。
それも、ミーアの大切な一面なのだから。
そうして47話を見直せば、決して薄い描写ではなかった。
管理人はそう思うのだが、いかがだろうか。

ツッコミその他、大歓迎。
スポンサーサイト
Comments:(11) |Trackback:(0

この記事に対するコメント:
神威 『
可菜さん、こんばんは。
やっぱり書かれてましたか・・・。予想通りですね。私の考察力もなかなかのもんでしょ。(笑)

さて、Sさんの所で、ダメ出しされてたので、ちょろっと言い訳を。

まず、47話にに呆れたのは内容ではなくその時期ですね。いくらどんな結末か分からないとはいえ相手が意志表示してから3話では短すぎるのではないかと・・・。視聴者に投げかけると言う手法もシェラさんと同意で納得できません。

内容自体は、リフレインなどよりよっぽどよかったと思います。普通のミーハーな女の子だったとがっかりされてる方もいますが、そんな子がこんな事に巻き込まれる方が、よっぽど悲しいことだと思いますし。

47話がもっと早い回にと言うのは、理屈でなく気持ちで感じたことです。可菜さんのいう批判は結末を見てからと言うのは同意ですし、自分もそうありたいと思っています。ただ私は自分の心に決めた事をつい破ってしまう弱い人間なのです。(苦笑)

現実の政治は持ち出さない。好きな野球チームが分からない初対面の人と野球の話はしないなど他にもありますが・・・、種デスの話以外でこれらは本気で討論になる可能性があると思います。もちろん管理人さんの趣味が分かって同じ話題が楽しく共有できるなら別ですが・・・。(でも守りきれてません)

だから、結末が分かるまでは批判しないは私も決めていたことなんです。もう破ってしまいましたが・・・。

私のコメントは結構 直感や感情によるものも多いです。人が見れば、落ち込んでるなとか苛ついてるなとばれそうで怖いですが、人のレスで心が晴れることも多々あります。だから、今回も悩んだ挙句書きました。

正直言うと、最初は可菜さんのあまりに冷静なコメントに違和感を感じてた時期もありましたが、ここに来ても変わらない姿勢にちょっと尊敬しています。いや、ホント ちょっとだけですけど。(笑)

これからも、「冷静な考察のK菜」VS 「直感のK威」の構図でよろしくお願いします。(笑)』
日記のくだりは私も判りますね。なるほどなと思います。
ちなみに今は公開前提のウェブ日記以外つけてもいませんが、結構昔長いことつけてまして、しかも一日分がレポート10枚くらいに及ぶ長文でした(やっぱりとか言うな・笑)。
私は思う存分内部に潜り込んで痛いことでもドつぼなことでも書くタイプ。しかもそれを何回も何日に渡っても読み返すという(爆)ある意味落ち込むことすら楽しむタイプでございます。今はともかく高校生大学生のころは「どんなに辛くても今が一番好き」と考えていた人間でもありました。
そんな私からするとミーアの気持ちは判るようでいてやはり判らない。書けなかった事情に踏み込むというスタンスは面白い見かただと思うのですが、可菜さんの考察どおりだとすると、ミーアは可愛いけれど私の理解しにくいタイプかもしれません。そしてミーアに関して言えばその見方は面白いけれど、アニメ全体から言えばやっぱりここに来て尺の取りすぎで、余裕のない今もっと始末をつけなきゃいけないことがあるんじゃないかと思ってしまうのは否めないのです。
ところで全然話違うんですが。
済みません。毎度可菜さんちのブログ、めっちゃ重たいんです。もうちっと軽くなるように壁紙変えていただくとかなんとかならないでしょうか^^;人様のブログに申し訳ありませんっ><こうやって書いてても、文字が出てくるのがすっごく遅いんですぅ;;それともこれってうちだけなのでしょうか?
小波 『
うちの方に戴いたコメントにレスする前にまずこちらに。
日記についての見解はとても頷けました。自分のブログの他の方のコメントのレスに私が書いた「自分を励ます意味での『ポジなことしか書かない日記』だった」という見方とほぼ同じと考えてよいんですよね?
しかし、視聴者は書かれなかったことやなぜ書かれなかったかについてを、そうそう踏み込んで読み取ってはくれないんですよね。愛がなければ。(笑)
結局、アスランの部屋に夜這いしたミーアの気持ちや、本物ラクスにシャトルを強奪されたときに驚愕ではなく忌々しげな表情だったことなど、私が知りたかったミーアの心情は視聴者それぞれの想像に丸投げされてしまった感じで、その受け取め方は多分、ミーアへの思い入れのあるなしで随分と落差があるのではないか思います。
そもそも、回想シーンだけ入れて心境は語られない、という描写の仕方がこの作品は常套的に使われていて、それがどうしても手段として成功しているようには見えないんですよね。
でも何よりも問題なのは上のお二方も言われているとおり47話でやる内容ではなかったということでしょう。そういう意味ではミーアは「種運命のヒロイン」だったということかもしれませんが、だとしたらやはりもう少し踏み込んだ日記であってほしかった。
ちなみに私も、どちらかというシェラさんと同じタイプです。(笑)

それからここの表示、たしかに遅いですねぇ。原因はよくわからないのですが、他所とは表示のされ方が微妙に違います(ゆっくりと波が押し寄せるような感じなんです。←なんちゅー表現?)。』
可菜 『
うわーいコメントたくさんだ。みなさんありがとうございます^^
えーと個別レスの前に。
blogが重いのは、IEが透過GIFの処理を苦手としているからと思われます。
Opera、あるいはFirefoxでは快適に表示されるはずですのでお試しを。
……というわけにもいきませんよね(^^;
改善を考えます。もうしばらくお待ちくださいませ。』
可菜 『
さてここからは個別レスをば。

神威さん>
>私の考察力もなかなかのもんでしょ。(笑)
くそぅ。ちょっぴりくやしいぞっ(笑)

>相手が意志表示してから3話では短すぎるのではないかと・・・。
全キャラに対して、納得の行く結末を描いてはほしいですよ?
それをやるのにはおそらく尺が足りませんし、だからもっと早くやってほしかったという思いはわたしもあります。

でも。
主人公は、シンです。
シンがデスティニープランを聞いて、知って、悩んで、結論を出す。
そこまで描かれれば、この作品としてはいいのかなと。
シンが決断した後のことは、ある意味後日談。
そういう展開なのであれば、あと3話「も」あります。
という考え方もありかなぁと……。

>人のレスで心が晴れることも多々あります。
えぇもう。blogなんてやってますと、反応があることがまず嬉しいんですよー。
神威さんみたいに、書いたことをしっかり読んだ上でレスしてくれるのは、ますます。
だから今後も是非よろしくです。

>ここに来ても変わらない姿勢にちょっと尊敬しています。
ふはははは、もっと尊敬したまい。苦しゅうないぞ?
……ごめんなさい調子に乗ってます(笑)
こんな管理人ですが今後ともヨロシク……』
可菜 『
シェラさんいらっしゃいませー。

>一日分がレポート10枚くらいに及ぶ長文でした
やっぱりー(お約束:笑)
しかし長文体質のわたしも人のことは笑えないのです(^^;
短くまとめる能力って、すごいですよねぇ……。

>ミーアの気持ちは判るようでいてやはり判らない。
難しいと思います。わたしもほんとにわかってるかと言われると、自信持ってYesとは言えませんし。
結局、想像するしかないんですよね。
でもそれは、作品内できっちり描写されていても、やっぱり同じなのかもしれません。
自分で感じられない痛みは、説明されても想像するしかないですから……。

>アニメ全体から言えばやっぱりここに来て尺の取りすぎ
正直、わたしも最初はAパートで終わるかなと思ってました(^^;
ミーアという一個人を通してのデスティニープランの明と暗を、綺麗にまとめたなとは思うんですけれどね。
テーマに偏りすぎで、キャラへの焦点の当て方が薄いなとは思います』
可菜 『
小波さんいらっしゃいませ。

>「自分を励ます意味での『ポジなことしか書かない日記』だった」という見方とほぼ同じと考えてよいんですよね?
はい、それでいいと思います。
あとは曲解として、デスティニープランの描写につながらない部分は、ラクスが読み飛ばしていたというのも……(笑)
さすがにそう理解するのは無理があるのでしませんけど(笑)

>視聴者は書かれなかったことやなぜ書かれなかったかについてを、そうそう踏み込んで読み取ってはくれないんですよね。
そうですね。わたしもミーアじゃなかったらさらっとスルーしてたかもしれませんし(^^;
そういうところは、投げっぱなしジャーマンな制作スタイルの欠点なのかもしれませんね。
逆に解釈が分かれるところが重要、という見方もあります。
何しろ、それがそのまま議長の言葉につながりますから。
「人は未だに人をわからず、自分を知らず……」
そういうのを拾い集めれば集めるほど、この作品って思いのほか奥が深いんだと感じるときがあります。
多分に好き嫌いがわかれるところですが(^^;

>もう少し踏み込んだ日記であってほしかった。
「書かれなかった部分」について、日記じゃない形式でフォローが入ったらよかったなぁ、とは思ってます。
30分(実質22分)の制約が厳しいものだというのはわかりますけれど、それはそれとして、ね』
Aten 『
こんばんは!
ご報告:うちは firefox も safari も IE も試してみましたが、大丈夫のようでーす。

絵日記、夢日記、未来日記、グチ日記、交換日記など、日記にもいろいろあるようですが、ミーアの残したファイルはいったい?
あのファイルのタイトルは「Progress Report」でしたね。私はこれをみて、ああ前進する自分を書こうとしていてるんだなと思いました。
「diary」じゃなく「report」としてるところからも、なぜかやる気や意気込みを感じてしまいます。「report progress」なら「経過、完了報告書」となるのですが。もしかして、報告したいと思える誰かがいたのかな?
それと、文章表示が1行ずつ出てたので、もしかしたらスタートレックの艦長日誌みたいに、音声入力、音声再生機能付きだったりして。でないとみんな視力良すぎだー、メイリン見えてるのぉ?とか思いました。あのテンションで再生。。。(汗)
ディスクには他にもファイルのアイコンが並んでましたが、ミーアの「Regress Report」なんてものはきっと無いと信じたいです。

おまけ、どうかゆっくりと(南無)
ttp://nankyoku.sakura.ne.jp/taneotoko/bbsnote.cgi?fc=thread&log=1200&res
可菜さんこんばんは。

ずっとこちらにお邪魔してご挨拶申し上げたいと思っていて、やっとコメントすることができました。わーい。

ミーア好き可菜さん、さすがですね。ミーアもこれを読んだら喜びそうです。

ちょっと記事の本文からはズレるのですが。

この日記がラクスたちの前に暴かれた理由は、ミーアの身元(アスランですら名前しか知らない)を調べるためだと思っておりました。
もちろん47話の意図は違うところにある(サブタイトルからして)のはわかっていますが。…この話を47話でやる必要があるのかどうかについては置いときます。

でなきゃ、ラクスたちは単なるノゾキ趣味に終わってしまうのでは?「この子の身元の手がかりになるものは何か無いだろうか…」などのセリフでフォローが欲しかったなとも思います。

ミーアの日記は「自分を鼓舞するための文章」という解釈、確かにそう考えるといいですね。「視聴者が知りたかったミーアの心情」とはだいぶ違っただけで。
きっとそれはミーア好きさんのフォローを待っていたからだと考えます。ミーアへの愛が求められた回ということで!』
可菜 『
Atenさんいらっしゃいませー。
safariですか。マカーですね!
Macは持ってないので不安だったんですが、ちゃんと見られてるようでよかったです。

>progress report
わー、見落としてました。ご指摘感謝!
自分でこのタイトルをつけたのなら、ネガとポジ両面がありそうですね。
diaryという単語から連想してしまう過去から目を背けようとするネガティブ面。
Atenさんのおっしゃるように、前に進もうと自分を鼓舞するポジティブ面。
どちらも含んでいそうで、奥が深いです。やるなスタッフ……。

報告する相手は、本編を見る限りいなそうですね。
あえて言うなら、ミーア自身なのかもしれません。
誰にも伝えられないからこそ、日記のように綴るしかなかった……。
聞いてくれる人が欲しかった、という意思の現れなのかも。

regressは……ないと信じたいです……。

>おまけ
見ました! 泣けます……。
ほんとにこの人のは着眼点も絵も文も素敵ですね。
ミーア可愛いよミーア!』
可菜 『
かなでさんいらっしゃいませー。
いつもお世話になってます。アーサー萌え叫んでてごめんなさい(笑)
ミーアはほんといいキャラでした。これからも記事書いていきたいです。

>ラクスたちの前に暴かれた理由
かなでさんのおっしゃる意図もあったと思います。
あとはAtenさんのご指摘の通り、タイトルが「progress report」だったとのことですから、議長の陰謀のミーア担当部分について記載があるのかも、と思った部分もありそうですね。
何にしても、もうちょっとフォロー欲しかったのは同意です。

>ミーアへの愛が求められた回ということで!
毎回、視聴者に優しくない番組ですよねー(笑)
しかしミーアファンとしては、そんな挑戦されたらあとには引けません!
ミーアいいキャラだよミーア!』
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/44-9ea2d7c8
TOP

copyright © 2005 Kana Owsawa.
mailto: unrealcompass.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。