リアルじゃない!

【 アニメやゲームなど、仮想世界について気の向くままに書き連ねるサイトです 】
author:桜沢 可菜

Categories

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対するコメント:
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/46-cdab22b3

仮説ですが、クルーゼがデュランダルから薬をもらっていた→デュランダルはクルーゼがクローンだと知っていた→クルーゼはDプランの実験台だった?「実際オレにはもうあまり

2005.09.21 -21:34 | キラキラヒカル

ミーア・キャンベル第21回

48話も放送されて、47話はただの総集編として流される傾向の強い今日この頃。
しかし47話について語り尽くしたかというと、そんなことは決してないわけで。
今回は47話から見る、ミーア視点のシャトル強奪事件について書いてみたい。
もちろん47話までのネタバレを含むため、視聴済みでない方はご注意を。
ミーアの日記には、シャトル強奪事件はなかった。
今回はなぜ書かなかったのかを考えてみたい。

シャトル強奪犯が、そもそも本当に本物のラクスなのか?
という点からして、ミーアには確たる情報がない。
付き人が「本物」と判断はしたが、それも「ここにいるのがミーアだから向こうが本物」という分析でしかないと思われる。
もしかしたらミーアのように、ラクスの名を騙る偽者だったという可能性もなくはないはずなのだが。
そんなわけで、本物・偽者両方の可能性をふまえて考察してみよう。

まず大前提として。
ミーアはラクスの代役であり、自分の行為がラクスの意思の代弁であることに疑いを抱いていない。
ラクスならプラントのために平和を訴えるだろうし、平和のために戦う兵士を鼓舞もするだろう。
本当にそう思っているからこそ、代役であり続けている。

その上でシャトル強奪事件を考えると、これはミーアにとってとんでもない話だ。
何しろ、犯人はラクスの顔に泥を塗っているのだから。
プラントの、世界の平和を祈る歌姫が、母国の基地からシャトルを奪い、追っ手を粉砕し、基地に深刻な打撃を与える──
ミーアにしてみれば、ラクスがそんなことをするはずはないのだ。
本物なら、誰かに騙されて。あるいは唆されて。
偽者なら、ラクスに何らかの悪意を抱いて。あるいはラクスの知名度を利用して。
いずれにせよミーアは、ラクスは被害者であり、決して主犯ではないと考えるだろう。
この事件のあともラクスが「様」付けであったことからも、ラクスへの信頼が窺える。
よって「本物の登場に怒りを感じている」というのはいささか違うと思われる。
ラクスに汚名を着せようとしている何者かへの怒り。
そちらの方がしっくり来るのではないだろうか?

ではそれが日記に書かれないのは何故だろう。
これは、ミーアがこの事件をどう捉えていいのか迷ったからではないだろうか。
確かにシャトルは強奪され、プラントの基地には大きな被害が出た。
だがその後、強奪犯から声明の類は出ていない。
シャトルは途中で乗り捨てられており、シャトルそのものが目的であったわけでもない。
ラクスを貶めるのが目的だったとしても、基地の人間に箝口令を敷けば終わり。
少なくとも民衆に「ラクスは悪人」と周知させるだけのアピールにはならない。
犯人がラクス本人だとしても、そうでないとしても、実に奇っ怪な事件だといえよう。

そんな事件について、日記にどう書けばミーアは落ち着くか?
前回にも書いたが、ミーアは引きずられやすい性質だと思われる。
ラクスを疑うようなことを書けば、それを見て疑いを助長しかねない
では偽者がやったと書けばいいかというと、そうでもない。
偽者がいるのだとすれば、安心していられないからだ。
何しろ相手はザフトの警備をかいくぐってシャトル強奪を果たした上、完全逃亡に成功している。
その気になればミーアを秘密裏に殺害して成り代わることさえ可能かもしれない。
おちおち寝てもいられないだろう。
そうすると、ミーアにとってベストな選択肢は考えないこと・忘れることだ。
だからこそ、ミーアは日記で事件について触れなかったのではないだろうか。

35話で強奪犯について言及するデュランダルに、不思議そうな目を向けるミーア。
第4回の記事を書いた時点では、本物に手を出すことへの疑問だと思っていたのだが……もう少しあるようだ。
前述したように、事件は大きかったが、それだけだった。
事件後、ミーアの身を脅かすようなことは発生しなかった。
ラクスの評判が落ちるようなこともなかった。
基地の被害は大きかったが、前線に比べればそれほどでもない。
とすると、ミーアからすればこの事件は改めて注目し直すほどのことではない。
鋭利な刃物で斬られた傷は治りが早いように、ミーアの関心も急速に遠ざかっていたのではないだろうか。
そう考えると、日記に限らず、ミーアがこの事件をまるで回想しないのも納得が行く。
だからデュランダルがまだ執着していたことに、驚いたのではないか。


以上、ミーアの視点からシャトル事件を追ってみたが、いかがだろうか。
ツッコミその他、大歓迎。
スポンサーサイト
Comments:(0) |Trackback:(1

この記事に対するコメント:
名前
URL
コメント
   
トラックバックURL:
http://unreal.blog14.fc2.com/tb.php/46-cdab22b3

仮説ですが、クルーゼがデュランダルから薬をもらっていた→デュランダルはクルーゼがクローンだと知っていた→クルーゼはDプランの実験台だった?「実際オレにはもうあまり

2005.09.21 -21:34 | キラキラヒカル
TOP

copyright © 2005 Kana Owsawa.
mailto: unrealcompass.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。